Pseudoneuqueniceras yokoyamai ? 福井県大野郡和泉村貝皿 

2005年出品

大きさ12X15X2.5Cm アンモナイト左右長5Cm 中生代ジュラ紀中期

 北陸一帯に分布する中生代手取層群は、多数の脊椎動物化石・貝化石・植物化石等の産出で有名。
 この中の、九頭竜亜層群上半部からは、ジュラ紀中・後期のアンモナイトが多数見いだされ、貝皿は下山と並んで著名な化石産地である。
 貝皿は日本のジュラ紀中期のアンモナイトの代表的産地であり、太平洋地域に特有なものなど、当時の環境を知る上で貴重な種も産出している。
 日本のジュラ系アンモナイトは、一般に保存が悪いものが多いが、この標本は比較的良好なコンディションである。

f:id:kocteau:20050412152801:image

MINERALMARKET 2005 https://mineralmarket.jp/index.html
会場 https://mineralmarket.jp/access.html
ENGLISH PAGE https://mineralmarket.jp/about-e.html

jikko-iin3

シェアする

1件のコメント

  1. ピンバック: keto diet epilepsy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする